【解説】IS曲線について

【解説】IS曲線について

おはようございます。トモルです。

 

このブログでは、『オールラウンダー』を目指す国立大卒理系🧪トライアスリート🚴の私が

クレアールの中小企業診断士試験講座での勉強の中で作成したデジタルノートを公開し、

解説をしています。(記事の下にノートの画像を貼りつけています)

※私独自の理解も含んでいるので、100%正しいことをお約束できないです。

 

 

日々、ちょっとした通勤時間でも理解できるボリュームで分かりやすい解説をアップするので

ホントに暇な時に見に来てくださると嬉しいです。    

 

 

前回の記事も沢山の方にご覧いただき、ありがとうございます!          

 

さて本日は「IS曲線」について解説します。

IS曲線とは生産物市場の需要と供給が均衡する状態を示す曲線です。

 

<グラフの第2象限>

国民所得は式①の通り表現されます。(関連記事:「45度分析」と休日出勤の私)

金利が低下したシチュエーションにおいては、企業は資金調達が容易になるために投資Iが増加することになります。

よって、投資Iは金利(利子)rの関数として表現されます。(I=I(r))

 

<グラフの第3象限>

一方、国民所得の内、消費に回らなかった所得は貯金Sに回ります。つまり、国民所得Yは②式とも表現されます。

よって①式、②式により、「投資I=貯蓄S」となります。

 

<グラフの第4象限>

②式において、限界消費性向cと税金Tが不変という前提においては「貯蓄S=国民所得Yー消費C」の式が成り立ちます。

 

以上、第2~第4を線で結ぶと、第1象限で利子rと国民所得Yの交点ができます。

利子の変動に従って、変動するこの交点を結んだ線が「IS曲線」となります。

 

投資I=貯蓄Sということは、企業の投資需要と国民所得が均衡している状態のため、IS曲線は財市場での均衡点を表してます。

 

例えば、利子がr1⇒r2に変動した場合、企業は投資をI1⇒I2に増大させ生産を増やします。

国民所得は景気の変動に対して遅れて反応するので、一時的に貯蓄S<投資I2の不均衡が発生します。

すると投資需要に増加に対して、国民所得の増加が追い付いていない状況ため、

利子rと国民所得Yの交点がグラフ上の赤マーク部の超過需要領域にプロットされることになります。(ピンク線)

 

遅れて国民所得が増加することで最終的にはIS曲線上で均衡することになります。

利子が逆の変動した際も同様の考えとなります。

 

私が受講しているのはクレアールのオンライン資格講座です。

「最短合格」がキーワード!! テキストは業界内でも薄い方のようで、 

お仕事が絶賛忙しめの私でもなんとかできそうです。

在宅勤務が終わって一息ついて、すぐ勉強に取り掛かれるのがいいところです!      

資格★合格クレアール 科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。 

 

 

 

スタディングは私が最期までクレアールと受講を悩んだオンライン資格講座です。

クレアールよりもオンラインに特化したシステム低価格が特徴です。

 

本日は、僕から以上!    

 

 

☟ノートで少しでも学べるところがあったら、ポチッの協力をお願いします!


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村

サラリーマンランキング