感動した!!トロトロ大根としっとりローストビーフ作ったよ。

 

 

 

お久しぶりです。トモルです。

 

ここ1か月は仕事に、資格試験に追われ、更新をサボってしまいました。

やはり、少し間が空いてしまうとダレてしまいますね。

 

 

しっかりしないと

今週は久々にゆったりとした週末を過ごしているところです。

昨晩は、私の両親を新居に招待し、手作りディナーを振舞いました。

 

 

コロナ禍の4月に引っ越したのですが、その時に手伝いに来てもらっただけで

まだ、片付いたところを見てもらえていなかったので。

 

 

せっかくなので、妻とともに料理をしました。

 

 

自粛中に圧力鍋と低温調理器を手に入れたので、その両方を駆使して料理をしました。

 

私の担当は

 

一品目

圧力鍋を使って煮た大根が入っている「おでん」

 

二品目

低温調理器を使って作った「ローストビーフ」

 

この二品を作りました。

 

 

こんな感じです。結構いい出来栄えではないでしょうか。

製作段階の写真、、、撮るの忘れました。悲しすぎます。

 

ただ、自画自賛ですが両方ともとても美味しかったです。

 

大根は圧力鍋で10分×2回加圧したおかげで、

 

トロトロ+シミシミでした。

 

 

圧力鍋を手に入れる前までは前晩からコトコト煮こんで、やっと作っていたものがこんなに時短でつくれるなんて。

 

 

感激です!!

 

 

あと、ローストビーフは初めて作りました。(妻がレア肉食べれないので)

 

ローストビーフって、パサついてしまうイメージがあったのですが

 

しっとり美味しいのが出来ました!!イエー👍

 

作り方は簡単です。下味でお肉表面に塩、ブラックペッパーを振ります。

そのあと、表面をフライパンで焦げ目が着くくらい、焼きます。

 

※ここの注意点としては、低い温度から焼いてしまうと焼けるまでに中までじっくり火が入ってしまうので、フライパンを熱々に熱してから焼いてください。

 

ここから低温調理器の出番です。ジップロックに先ほど焼いたお肉と私の場合は、家にあったローリエを一緒に入れます。

空気をしっかり追い出さないと、空気の断熱効果で火が入りづらくなるので注意です。

 

私の見ていたレシピだと、55℃~66℃の間でおこのみに設定して50分となっていたので、真ん中をとって60℃にしました。

※低温調理が完了したら、食中毒にならぬよう急冷することを忘れてはいけませんよ!

 

最後にソースをつくりました。

両親が到着する10分前にソースを作ることを忘れていることに気づき急遽作りました。

 

ただ「ローストビーフ ソース」と検索すると、ほとんど赤ワインをつかったレシピだったのですが、我が家には白ワインしかなく。。。

 

「ローストビーフ ソース 白ワイン」で検索して、ありました!ある主婦の方のブログを参考にさせていただきました。

 

玉ねぎ(1/6玉)とニンニク(1片)をすり下ろします。

妻に手伝ってもらいました。

クッサイのにありがとう!

 

そのあとに、フライパンでバターを熱したあとに、先ほどすり潰したものを入れて、少し炒めます。

 

そのあとに、醤油と砂糖(大2)、水(60cc)、白ワイン(大3)、低温調理中に出た肉汁を投入し、適度に煮詰めて完成!!

これも美味しかった!

 

両親ともに喜んでくれたので作ってよかったです。

 

妻は余ったローストビーフを翌日ウェルダンにして食べてました。

 

 

二品ともとっても簡単で、満足度の高い料理になったので是非皆さん挑戦してみてください!!

おでんの断面写真はブログ用にとったので見てやってください。

 

それでは、僕から以上です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


サラリーマンランキング

パール金属 《IH対応》クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋 3.5L H5040

価格:4,300円
(2020/10/25 22:54時点)
感想(7件)

Sandoo 低温調理器 操作も簡単 低音調理器 ステンレス製 真空調理器 静音 防水(IPX7) 日本語取扱説明書 HA1099

価格:9,936円
(2020/10/25 22:53時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です