『生き甲斐』ってあります?

はじめまして!トモルです。

 

いきなりですが、『生き甲斐』ってありますか?

 

この問いに対しては「この筆者、面倒くさそうだな・・・」という方と、

強く興味を持ってくださる方で、両極端な反応をしてもらえるのではないかと予

想しています。

 

当然、私としては前者・後者ともに読んでいただきたいのですが。

 

ちなみに私はその問いを提示された場合、回答に困ります。

 

 

そして、「無い」っていいます。

 

広辞苑で調べると、生き甲斐とは

①生きるはりあい。

②生きていてよかったと思えるようなこと。

 

私の問いの意味合いとしては、①が強いです。

つまり、噛み砕くと

「生きていく上で、力を尽くすかいがある事・物」はありますか?

という質問と捉えてほしいです。(日本語的に間違っているかもしれませんので)

 

人によっては、「仕事」、「家族」、「趣味」等あると思います。

 

私の場合は

「仕事」・・・平凡なサラリーマンです。

社会的な意義を感じ、やりがいのある仕事だと思っています。

私の裁量で決定することも多くあって責任もそれなりに与えられております。

ただ、先が見えてしまっている。成長できる環境とは思えない。

 

「家族」・・・既婚。子供なし。

とても大切に思います。が、これは当然のこと。

 

「趣味」・・・トライアスロンをしています。

何か没頭できる趣味があれば、変わるかと思い、始めました。

一度も勝ったことのない友人に勝つことを目標として、かなりトレーニングを積んで、その目標を達成ました。

もちろん最初はすごく嬉しかったのですが、なんか物足らないというか。

 

すぐに新しい何か』を欲してしまうんです。

 

ブログを書き始めたのも、そんな欲求を満たすためです。

 

上記は私調べでは自己肯定感の低い人の特徴のようなんです。

 

結局、他人との比較でしか自分を評価できない。

 

確かにそれはあるかもしれません。

 

かといって、私はこの毎日会社いって、週末運動してという日常を60歳まで続けて、その後は体が動くうちにセカンドライフを謳歌するっていうのが、果たしてよい人生なのだろうか

と考えるのです。

 

なんとなく、このまま敷かれたレールを悶々として、走り続けるのがすごく怖いです。

このブログでは、この悶々からの卒業を目指して、取り組む方法をアウトプットしたいと考えています。

 

また、同世代の方がどういった考えなのか、共有できたらと思います。

 

(これ以前のブログは私がトライアスロンをテーマとして、投稿してきた記事を残しています。私に興味を持っていただいたら読んでいただければ嬉しいです)

 

本日は、僕から以上です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


サラリーマンランキング

“『生き甲斐』ってあります?” への2件の返信

  1. こんにちは!
    私の生き甲斐は、子供ですね。
    人は、平凡な日々では満足せず、新しい何かを求めているのかもしれませんね。私は、波乱万丈すぎる人生なので、平凡に憧れてしまいますが(^-^;

    1. こんばんは!
      コメントありがとうございます。
      初めていただいたコメントなのですごく嬉しいです!
      お子さんが生き甲斐なのですね。素敵です。

      私のは贅沢な悩みなのかもしれませんね。(^^;

      私は一人で考えすぎてしまうところがあるので
      ユートピアさんのお考えを聞けて良かったです。

      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です